何か副業を始めたいと考えているのであれば、動画制作に挑戦をしてみると良いでしょう。動画制作を行うためには、高い機材を用意しなければいけないのではないか、専門的な知識や特別なスキルを必要とするのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。しかし、最近ではスマホで動画編集ができるアプリも作られており、スマホ1台あれば手軽に動画の撮影や編集、投稿までできるようになっています。
より本格的な編集などを行いたい場合は、パソコンがある方が便利ですが、編集自体はフリーソフトを活用することもできるため、興味があれば誰でも気軽に挑戦できる環境が整っています。

そんな動画を使って稼ぎたいという場合に重要となることが、継続をしていくことです。
どんな動画が注目を集めるかは、誰にも分らないことです。撮影だけでなく編集にも力を入れた渾身の動画の再生数が全く伸びないのに、何気なく撮影したものを編集もそこそこにアップしただけの動画が注目を集めバズるということは少なくありません。そのため、再生数が伸びないからとそこで諦めるのではなく、最初は動画の本数を増やしていくことがおすすめです。

動画がバズった場合は、過去の動画まで視聴して貰える可能性が生まれるため、その時点から収益が一気に伸び出す可能性が生まれます。さらに、10万円の収益を目標とする場合、1本の動画で10万円達成を目指すよりも、複数の動画で再生回数を稼いでいく方が簡単に目標達成ができることになります。それだけに、動画制作を始めたら、まずはアップする動画の本数を増やしていくと良いでしょう。

そんな動画制作を始める際に、決めておいて損がないのがコンセプトです。
面白商品の紹介や料理動画、ファッション関連の動画や実験動画などコンセプトを明確にし、そのコンセプトに沿った動画を次々アップするようにすれば、固定ファンが付きやすい状態となります。固定ファンが付けば、動画をアップするだけで一定の視聴回数を期待することができるようになります。さらに、ファンになってくれた人がSNSなどでその動画を拡散してくれれば、そこからバズる可能性も生まれます。
そのため、動画で稼ぎたいと考えているのであれば、コンセプトを決めるところから始めておくと良いでしょう。自分が好きなジャンルや得意なジャンルを選ぶようにすれば、楽しく撮影や編集を行うことができます。そのため、無理なく続けていきたい時も、自分の好きなジャンルの動画に挑戦をするところから始めておくと良いでしょう。